妊活中に知っておきたい! 生活習慣編

「妊活」を始める前に
「生活習慣の乱れを正すこと」から

すっかり定着した「妊活」。
妊娠を希望している女性にとって妊娠しやすい身体作りをするのはとても望ましい事ですね。
まずは自分の生活習慣に着目してみましょう。

基礎体温をつける


妊娠を希望してようとしていまいと基礎体温をつけることは、女性にとっては大切なことです。
排卵をしているのか、人よりも低体温なのか、生理周期を把握するなどある意味基礎中の基礎とも言える部分です。

身体を冷やさない
「女性は身体を冷やしてはいけない」と何処かで聞いた事ありませんか?
実際、身体を冷やすということは子宮や卵巣などにも影響を与えるため、妊娠しにくい身体になってしまいます。
夏場でもなるべく温かい飲み物を摂取したり、腹巻きや靴下などで身体を温めるようにしましょう。

禁酒・禁煙
妊娠を望むなら当たり前のことですが、禁酒・禁煙をしましょう。
タバコもアルコールも子宮・卵巣機能を低下させる原因となります。
妊娠しやすい身体にしたいのならば控えましょう。

ストレスを増やさない
ストレスは何事においても大敵です。
ストレスを抱えるとホルモンバランスを崩し、生理不順や体調不良を引き起こします。
「なかなか妊娠しない・・・」といって悩むのもかえってストレスのもと。
難しいですがストレスを溜めないよう心に余裕のある生活したりするなど、ストレス解消を心掛けましょう。

体重管理


太っていても痩せすぎていても、妊娠は遠ざかっていくばかりです。
適度に身体を動かし、適正体重をキープするようにしましょう。
毎日体重計に乗る習慣がない、または体重計を持っていないかたは、妊活を機に購入を検討してもいいですね。

質のいい睡眠を取る


寝不足や夜型生活をしていると、自律神経が乱れホルモンバランスに影響を与えます。
質の良い睡眠が取れないと卵子にも影響を与えてしまうので、なるべくリラックスした状態で睡眠が取れるよう工夫しましょう。

生活習慣を少し気をつけるだけでもだいぶ違います

自分の習慣を振り返ってみていかがでしたか?
これから妊活を始める方は焦らずゆっくりと改善していきましょう。

 

[ 妊活中に知っておきたい! 生活習慣編 ]コラム2017/06/24 15:00