アラフォー女子必見!更年期とうまく付き合う、食事で採れるオススメ栄養素【エクオール】

更年期の始まりは

女性ホルモンの減少により体の変化が気になり始める女性は40代前後に多くなってきます。
お肌の張りや、弾力もなくなり、イライラ、ほてり、疲れやすさなどが出てくる時期。

そんな症状とうまく付き合っていくために何を食べたらよいのか?
どんな栄養素を取ればよいのか?を調べてみました!

女性ホルモン(エストロゲン)の働きとは?

エストロゲンの働きには、以下のようなものがあります。

自律神経、感情の動きや脳の働きを整える
骨の形成を促し、血管収縮を抑制する
女性らしい丸みをおびた体をつくる
卵胞の成熟を促す
受精卵の着床を助けるため子宮内膜を厚くする
基礎体温を下げる
精子が子宮の中に入りやすいよう頸管粘液の分泌を促す

食べ物の中に、エストロゲンに似た作用がある物質がいくつかあります。

それは、大豆イソフラボンです。
主な効果として、更年期症状の緩和や骨密度の維持に対する効果が知られています。

厚生労働省による大規模コホート研究(原因から研究をしていく手法)でも、食品からのイソフラボン摂取量が多いほど、日本人女性の乳がんや脳梗塞、心筋梗塞、男性の前立腺がん(コホートで言う原因)のリスクが低くなるという研究報告もあります。
その大豆イソフラボンの健康効果は、個人差があるということが近年の研究で明らかになってきました。
その個人差で重要なのが「エクオール」という物質が作り出せるカラダか?ということなのです。

 エクオールとは

エクオールを理解するには、まず大豆イソフラボンの吸収の仕方を知る必要があります。
食事から摂った大豆イソフラボン(ダイゼイン)は腸から吸収されますが、そのときに、ダイゼインという成分のまま吸収される人と、エクオールという成分として吸収される人がいます。
この違いによってイソフラボンの健康効果に差がうまれ、エクオールの方がより高いエストロゲン活性を持つことがわかってきました。

では、どうしてエクオールをつくれる人とつくれない人がいるのでしょうか。
それは、最近注目されている腸内フローラがカギを握っていました。

「腸内細菌」がエクオールを作る!

人間の大腸には様々な腸内細菌が棲んでいますが、その中に、大豆イソフラボン(ダイゼイン)をエクオールに変換してくれる「エクオール産生菌」と呼ばれる腸内細菌が見つかりました。
このエクオール産生菌がいる(活動している)かどうかが重要だということがわかりました。
エクオール産生菌はこれまで10種類ほど見つかっていますが、まだ未知の産生菌がいる可能性があります。

ですので、腸内細菌の遺伝子検査だけでエクオールがつくれるかどうかを調べることは、まだ難しいようです。

 どんな食べ物で採れるの?


・畑の肉「大豆」
大豆にはイソフラボンという成分が含まれています。
イソフラボンは、その構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ていて、働きも女性ホルモン(エストロゲン)様作用をもっています。

おすすめの大豆食品としては、スーパーやコンビニで簡単に購入できる納豆や豆腐です。
1日の摂取量の目安は納豆1パック、豆腐2/3丁です。

更年期と上手に付き合っていくために、大豆製品を毎日の食事に取りいれながら快適な毎日を過ごしてくださいね。

[ アラフォー女子必見!更年期とうまく付き合う、食事で採れるオス... ]コラム2017/08/22 12:38