月経前症候群(PMS)?生理の悩み

気づけば「アラフォー」世代!
生理不順・月経前症候群(PMS)などの症状が起こりやすくなり、更年期なのかな?と心配になる人もいるでしょう。
こうしたアラフォー世代が悩んでいる「生理」の不調に関して調べてみました。

更年期の予兆?注意すべきこんな症状

アラフォー女性の「通常」と呼ばれる生理の周期は25日~38日が正常とされています。
年齢を重ねた女性の生理の周期は多少前後してくるのが通常です。

また、24日以内と周期が短いものを頻発月経、39日以上あくものを稀発月経と呼びます。

・「稀発[きはつ]月経」
39日以上間が空く長い周期を一般的に「稀発[きはつ]月経」といいます。
原因は卵巣の働きが不十分でホルモンが順調に分泌されていないことが考えられます。
稀発月経でも排卵があれば妊娠・出産が可能ですが、無排卵周期になっている場合が多いことも。
1~2ヶ月様子をみて、周期が長い状態が続くようであればホルモンバランスの状態や排卵の有無を調べることをおすすめします。

・「頻発[ひんぱつ]月経」
月経周期が24日以下という短いサイクルになることを「頻発[ひんぱつ]月経」と呼びます。
頻発月経には、黄体ホルモンの分泌が不十分で排卵日から月経開始までの期間が短くなる黄体機能不全の疑いもあります。
黄体ホルモンが不足すると子宮内膜が十分に成熟しないため、妊娠しにくなったり、妊娠しても流産が起こりやすくなることもあります。
妊娠出産を望んでいる人は、早めに婦人科を受診し、ホルモン分泌の状態について調べてみることをおすすめします。

こうした生理不順が暫く続くと、そろそろ身体が「更年期」を迎える準備に入っていると思ってよいでしょう。

生理周期の乱れの原因は?

女性ホルモンが正常に働くことによって生理が来ますが、卵巣機能が低下すると生理周期が乱れる原因となります。

【生理が遅れる理由(妊娠以外)】
・精神的なストレス
・偏った食事
・不規則な生活
・無理なダイエット
・肥満
・睡眠不足
・運動不足
★上記のような生活習慣で女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
規則正しい生活を心がけ、改善してみましょう。

月経前の不調と似た症状が頻繁に現れる「更年期」

月経前症候群(通称PMS)は女性の約3人に1人が経験しているそうです。

症状としては、
・身体が火照る(ホットフラッシュ)
・倦怠感
・頭痛や下腹部痛
・めまいやイライラなど

別名「黄体期」とも言われるこの時期は、受精卵の着床準備を整え、子宮内の妊娠の準備を促すプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが優位になるため、精神の安定の役割のあるエストロゲンという女性ホルモンが少なくなるために起こる現象です。

月経前症候群と更年期障害に共通して言えるのが、ホルモンバランスの崩れが原因ということです。
更年期障害はエストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることによって起こるため、こうした「生理前症候群(PMS)」と同じような症状が起きるのです。

・今まで生理前の不調がなかったのに最近不調が出るようになった
・以前からあったけれど最近特に症状が酷くなった
という自覚がある方は、更年期とうまく付き合う準備を始めても良いでしょう。

更年期?PMS?見分け方

上記のような症状が続き、あなたが更年期かどうか?を調べたい場合には、まず婦人科を受診しましょう。
婦人科では必要に応じて検査を行います。

・内診(膣とお腹の上から子宮、卵巣の状態を触診する)
・超音波検査(子宮や卵巣の状態を観察する)
・骨量測定(骨粗鬆層の有無を確認する)
・血液検査(女性ホルモンの血中濃度を検査する)
・細胞検査(子宮がんの検査をする)
・乳房検査(乳がんの検査をする)
上記検査結果から総合的に更年期であるかどうかの判断を行ってくれます。

もし更年期と診断された場合は、治療をすることになります。
治療方法としては、薬物療法(ホルモン補充療法や漢方薬など)と精神療法(カウンセリング)があります。
薬物療法は副作用など不安に思うことがあれば、なんでも婦人科に相談するようにしましょう。
そのためにも、普段から信頼できる医師を見つけておき、定期的に通うことも必要です。

最後に

更年期の症状はうまくコントロールすればやわらげることができます。
更年期障害の不安や悩みにとらわれず、薬物治療を行ったり生活習慣を改善したりすることで、快適な毎日が過ごせることでしょう。

 

[ 月経前症候群(PMS)?生理の悩み ]コラム2017/09/12 15:22