美肌の秘訣?!秋メイクを楽しむために!夏のお疲れ肌を今すぐチェック!

夏のお疲れ肌を見直して!
負担をかけずにやさしくケアを

暑い夏もそろそろ終わり!
お盆が終わると秋冬ファッションや秋冬カラーのコスメがお店に並び始めて、女性としてはわくわくする時期ですね!
今年のトレンドは何色か?最新アイテムはなんだろう?!

そんなワクワクする時期に、夏の間には気づかなかった肌トラブルに気付く方も多いのではないでしょうか?

私たちの肌は夏の間に知らず知らず様々なダメージを受けているので、この時期はお肌の「疲れ」が出てくるようになるんです。

強い紫外線、エアコンによる乾燥や汗に皮脂・・・
これらが原因になってターンオーバーが乱れ、毛穴が気になったりニキビやくすみに気づいたり。

そんな夏のお疲れ顔を引きずって秋冬モードに入る前に!
しっかりケアして秋冬向けの美肌を手に入れましょう♪

 

 

夏肌疲れの一例:インナードライ!

夏はべたつくのが気になってスキンケアを怠りがちになってしまいませんでしたか?

夏肌疲れの一例としてインナードライになってしまう方も少なくありません。

インナードライとは肌表面は潤っているように感じるけれど、肌の内側は乾燥しているという状態です。

夏の肌は汗や皮脂が出ることで潤って見えますが、その状態を保湿できていると勘違いをして保湿を怠りがちになることもあります。
内側は乾燥している状態でケアを怠りがちになってしまうと、どうなるかわかりますか?

これ以上乾燥させないように、お肌を守らなきゃ!と、あなたのお肌が一生懸命に皮脂を分泌し始めます。

その結果、肌表面の皮脂が気になり始めて・・・

あぶら取り紙で必死に肌の油分をとったり、

洗浄力の強い洗顔料に変えてみたり、

といった「インナードライのお肌にとって逆効果」なケアをしがちなんですね。

ハッとした方はインナードライの可能性ありです。
まずは皮脂対策をする前に肌の保湿を心掛けましょう!

日頃のスキンケアを見直してみることが美肌の秘訣!

季節の変わり目は特にチェック!


洗顔時に高温のお湯で流していませんか?
水温が高すぎると肌表面の皮脂をすべてはがし取ってしまいます。
肌の水分蒸発を防ぐ蓋の役割をする皮脂がなくなることで、肌内部の水分が蒸発してしまう元となってしまいます。
適温は体温より少し低い温度の30~35度のぬるま湯。優しく流しましょう。

落ちにくいメイクを落ちやすいものへ
落ちにくいメイクをしているとどうしても洗浄力の強いクレンジングを使いがちです。
お肌を擦る原因になったり、洗いきれなくてメイクが肌に残り、くすみの原因になる可能性も!

化粧水で水分補給をしたら、すかさず蓋をする!
インナードライとはあなたのお肌がこれ以上水分を逃さないように、頑張って皮脂を出して乾燥を防ごうとしている動きなのです。
そんな健気なお肌の頑張りを助けるために、化粧水で水分補給をしたら、乳液、クリームなどで水分が逃げないようにすかさず蓋を!
[ 美肌の秘訣?!秋メイクを楽しむために!夏のお疲れ肌を今すぐチ... ]ピックアップ2017/09/01 00:00