ケアジェリーはなぜ安全なの? -内容成分編

ケアジェリーの成分は何で出来ているの?

「ケアジェリー」は、乳酸配合のジェルを膣内へ直接注入し、膣環境の改善をサポートしながら洗浄するケア用品です。

無香料で透明のジェルです。

※ケアジェリーは粘度質なので、使用後はゆっくり膣から排出されます。
不安な場合はパンティーライナーなどをご使用ください。

 

ケアジェリーは産婦人科医と共同開発!

水溶性の潤滑成分と天然保湿成分を配合した、体に優しいジェルタイプ。

膣は体外からの雑菌の混入を防いだり、雑菌の繁殖を抑える自浄作用という働きがあります。
自浄作用とは、膣が酸性に保たれることで膣内を雑菌から守ってくれる身体の仕組みです。

しかし自浄作用は様々な原因によって崩れやすいものです。
(ストレス・生活習慣の乱れ・ホルモンバランスの低下・性交のあと・閉経など・・・)
自浄作用の働きが低下しまうことにより雑菌の繁殖が進み、におい・かゆみ・潤い不足(乾燥)などの症状を引き起こし、病気にもなりやすくなってしまいます。

「最近、においが気になってきたかも・・・」

という方は膣の自浄作用が低下しているからかもしれません。
においやかゆみが気になって、お湯や水で膣内を洗い流すことは膣の自浄作用をさらに低下させてしまう可能性も!

「しっかり洗っているのに、なんで?」

といった悪循環になってしまうんです・・・

そこで膣内と同じ弱酸性(pH4.5)のケアジェリーでケアをしてみましょう!
ケアジェリーはにおいやかゆみの原因をやさしく洗浄し、潤いを補給しながら膣内環境を整えます。
身体の知識を身に付けて、正しいケアを行いましょう♪

 

ケアジェリーの内容成分とその目的

精製水
コンタクトレンズや医療用器具の洗浄などに使われる不純物濃度が相当低いお水です。

グリセリン
グリセリンとは、無色透明の液体で、アルコールの一種です。
強い吸湿力を持つことから、化粧品や軟膏などに利用されています。
人間の体内では、脂肪酸と結合することで、中性脂肪として存在しています。

ヒドロキシエチルセルロース
植物から抽出した天然植物繊維(セルロース)から作られ、人体への影響がなく、安全性が確認されております。
この成分の主な使用目的は液体に粘性を付けるためで、クリームやジェルなどの化粧品など幅広い分野で使用されています。

乳酸
乳酸は、疲労回復に関わる成分として有名ですが、膣内の環境を整える効果もあるとされています。

パラオキシ安息香酸メチル
主に食品・化粧品の防腐剤に使われている成分です。

ヒアルロン酸ナトリウム
ヒアルロン酸は1gで6,000gの水を保持することができます。
安定性、安全性が非常に高い高分子の保湿成分です。

クエン酸ナトリウム
食品にも添加される安全なものです。

エデト酸二ナトリウム
化粧品などにも使われる安全なものです。

※ケアジェリーは毎回清潔に使用できるように、1回使いきりタイプの個別包装。
衛生面でも安心してお使いいただけます。



ケアジェリー3本入
¥1296(税込)(本体価格¥1200)


ケアジェリー10本入
¥3888(税込)(本体価格¥3600)


ケアジェリー30本セット
¥10497(税込)(本体価格¥9720)

 

 

ケアジェリーは安心安全な管理医療機器!?
 ケアジェリーはなぜ安全なの? -容器編 へ!

[ ケアジェリーはなぜ安全なの? -内容成分編 ]ピックアップ2017/03/21 16:02